HOME   >   農業のこと   >   安全・安心な農作物づくり

JA松山市では、安心えひめ記帳運動に取り組んでいます。

安心えひめ記帳運動は、生産者組織を中心に、生産基準(栽培方法や農薬使用等の基準)を 守って栽培に係る記帳を行い、順次情報開示をおこなう運動です。
この運動は、2002年秋冬作付けより、JAグループ愛媛全体で取り組んでいます。

安心えひめ記帳運動の目的

  1. 農産物の安全の確保
  2. 消費者・取引先への安心提供
  3. 万一の食品危害に際しての「無実の証明」
  4. 農業技術・経営の見直し
  5. 産地としての自信と責任をもった販売の条件整備

全ての共販作物(農協の共同出荷農産物)を対象に実施

全ての共販作物(永年性作物は収穫終了後開始)と産直市の出荷物を対象として実施しています。

JAにおける推進体制

「安全・安心な農産物づくり運営規定」を定め、その内容に沿って運動の推進を行います。
さらに運動の実践・管理のため、生産部会ごとに責任者・担当者を任命しています。
また記帳の実施状況を検査するため、内部検査委員会を設置し各作物年一回以上の検査を実施します。

安心えひめ記帳運動の目的

生産基準の策定
 ↓
生産基準に沿って生産活動を行う誓約書(圃場の登録)の提出
 ↓
農産物の生産
 ↓
栽培管理台帳(使用した農薬や肥料等の記入)
 ↓
出荷前に記帳した用紙を回収し営農指導員が点検
 ↓
生産基準の遵守が確認できたものだけ出荷

残留農薬検査の実施

「安心えひめ記帳運動」対象品目はすべて自主的に残留農薬検査を行います。
安全な農産物であることを科学的に確認し、より安全な農産物を消費者の方々にお届けします。

産地情報の開示

ホームページを活用した情報開示を進めます。消費者の皆様に、「安全・安心」をお届けするため、JA・品目ごとの産地概要、生産情報等を掲載します。
また誓約書や栽培管理台帳は原則3年間保管し情報開示が可能な体制を整備しています。

食と農の距離を縮め、産地情報を提供する運動として取り組んでいます

当運動は生産と消費の距離を“記帳に基づく情報開示”を通じて縮めることで、「信頼される産地」を目指します。
生産者・行政・JA・全農えひめが一体となり取組んでいますので、ご理解とご協力をお願いします。

  • マネー診断
  • 地域コミュニティ誌「Pakutto」
  • 野菜博士クイズ

困った時のお問い合わせ

キャッシュカードをなくした
0120-71-0874
JAカードをなくした
(NICOS)0120-15-9674
(JCB)0120-79-4082
交通事故にあった
0120-258-931
もしものときは・・・
(葬祭)0892-21-2509

このページの先頭へ